【退職代行サービス】RETIREの気になる評判とシステム・料金を徹底解説!

アプリ・サービス

国家認定の労働法専門家による運営なんで信頼できますね!

 

皆さん退職代行サービスはご存知でしょうか。

メディアでの紹介も相まって世間での認知度もぐっと高まってきております。

 

退職代行サービスRETIREの値段は格安料金

画像:RETIRE

 

RETTIREは専門家による運営です。退職には様々なケースがありますので労働基準法等の法律の知識は必要な場面は絶対でてきます。

 

こんなケースだけど大丈夫だろうかって不安も専門家の人へ相談できるなら安心できますよね。

 

また、これまで紹介しましたEXITやSARABAと同様に最短即日の対応をしてもらう事ができます。

よし、退職しよ!って思った時は決意が鈍る暇を感じないスピード感が重要です。

 

即日対応があるかないかっていうのはそういう意味でかなり重要なファクターでしょう。

 


 

また、話は変わりますが実際会社を辞める時って下の画像のような事になるんじゃないか。恐らくほぼ間違いなく揉めるだろうってケースは少なくないと思います。

 

退職代行とは労働者に代わり会社(=雇用主)に退職意思の通知を行うサービスです。

画像:RETIRE

 

 

会社を辞めたい方の嫌な理由がこの画像に結構凝縮されているんでしょうか。

 

ここを代行してくれるという事だけで個人的には最高ですね。

 

概要はこの位にしまして、退職代行RETIREの料金やサービスの流れはどんな感じって所を本記事できっちり説明していきます!

 

退職代行SARABA
労働組合が運営する総額25000円の退職代行。退職できなければ全額返金致します。

 

他社の記事はこちらからどうぞ!

 

退職代行サービスEXITの気になる評判とシステム・料金を徹底解説!

 

退職代行サービスSARABAの気になる評判とシステム・料金を徹底解説!

 

退職代行サービスヤメヨッカの気になる評判とシステム・料金を徹底解説!

 

退職代行サービスニコイチの気になる評判とシステム・料金を徹底解説!

RETIREのサービス内容について

 

退職代行サービス

画像:RETIRE

 

冒頭の画像のように退職をする時って言いづらいとか会社の状況を考えてしまって辞めづらいって事が理由のひとつだと思います。

 

突然ですが私は二回程転職してるのですが、個人的に嫌だった辞める時のベスト場面(?)は上の理由もあります。

 

僕的にもう一個ありまして、これは正直どうしようもないのですが辞める事が決まって退職までの引継ぎ期間の絶妙な社員の人との距離感というか関係性ですね。

 

微妙な場面を切り取って話すと、例えばですがめっちゃ忙しくて誰かに手伝ってもらいたい同僚がいます。

 

かたや僕は引継ぎと片付け以外やる事がなくてなんかしてるふりをしていますが暇さが隠しきれていないんです。

 

それを見た同僚の感じったらないですよね。

お互い気まずい感が最高に嫌です。。

 

もうちょっと退職代行サービスが進化すれば引継ぎ期間とかも代行してくれるようになったら最高ですね!笑

 

話が逸れてしまいましたが、退職代行サービスは辞めるという言いずらい事をばっちりサポートしてくれます。

 

退職代行サービスRETIREの流れは次の通りです。

STEP1.無料相談

 

お電話またはメールにてお問い合わせされた方へ、現在の状況や退職に関するお考えを確認し、最適なサービスのご提案を行います。

 

STEP.2料金お支払い

 

無料相談後、退職代行サービスをご利用される方は料金をお支払い頂きます。

 

STEP.3サービス開始

 

料金お支払い確認後、退職代行サービスを開始致します。

 

STEP.4退職完了

 

退職後、健康保険証・社用品の返却や離職票などの書類の受領を経て退職完了となります。

 

 

RETIREの特徴としては下記となります

 

  • 即日対応が可能
  • 社会保険労務士の専門家が運営している
  • 費用は¥30,000~(職業や雇用期間、退職にかかる日数による)

 

他社と比較して一番の特徴は、国家資格である社会保険労務士を持った方が運営している点です。

 

どんなケースにも専門家の意見で相談をすることができるので安心感は断トツです。

 

料金体系につきましては相談内容によって増減しますが、シンプルなプランであれば格安で対応してもらえます。

 




 

料金体系・事例とQ&A

 

サービス料金
基本料金

システム利用料金・・・¥20,000~¥40,000(これが基本料金でその他オプションがございます。)

連絡作業料金・・・¥10,000(キャンペーンが定期的にあります。)

 


 

オプション料金

 

特急対応料金・・・¥10,000(即日対応等急ぎで対応してほしい方向け)

深夜対応連絡料金・・・¥20,000(午後9:00以降でむ対応してほしい方向け)

文書連絡料金・・・¥5,000(1通/基本は電話・メールですが文書での連絡希望の方向け)

記録文書作成料金・・・¥30,000(依頼主~雇用主間の連絡記録を文書でほしい方向け)

 

 

 

料金はこんな感じなんだな。

 

他社との料金比較
  • EXIT・・・正社員¥50,000/アルバイト・パート¥40,000
  • SARABA・・・¥30,000(退職できなかった時の全額返金保証あり)
  • RETIRE・・・¥20,000~¥40,000(条件により追加金額あり(¥5,000~¥20,000程度))
  • ヤメヨッカ・・・正社員・契約社員¥70,000/正社員(勤続5年以上)¥100,000/アルバイト・パート¥50,000/
  • ニコイチ・・・¥40,000(追加料金なし)
相談当日からのスピード対応

 

RETIREの特徴の一つとして、依頼したその日に即日対応してくれる点が挙げられます。

 

すぐ辞めたいってなったその瞬間に依頼できるので気持ちが変わらないうちに対応してもらえます!

 

状況に応じて休日や深夜でも24時間対応可能

 

いつも仕事で遅くなって電話できるのは夜遅いし、休日もほぼ仕事だからタイミングが中々難しいな。。そんな人でも安心です。

 

依頼する際に予めその旨を伝えておけば対応してくれます!(※別途料金あり)

 

特急対応

RETIRE様は迅速な対応を実施されていますが、相談が集中していればどうしても対応が遅れてしまう事があります。

 

そんな時、どうしてもすぐに相談したい!対応してほしい!っていう時の為のプランが特急対応になります。

 

料金:¥10,000(税別)

 

どうしてもすぐの対応をお願いしたい場合の為のプランになります。(基本料金とは別途)

 

また、この料金は一連絡対応期間ごとに必要となります。

 

深夜対応
RETIRE様は深夜対応料金はオプションになります。
例えば、仕事がブラックすぎて夜~深夜にしか対応できないよ!って人向けのプランです。
退職代行サービスRETIREの連絡対応時間は通常午前9時から午後9時までとなります。深夜連絡
対応料金は午後9時以降も連絡対応を実施するオプションとなります。深夜連絡対応は連絡作業
の付随特約となります。会社側責任者と連絡の取れる時間が深夜時間帯となるような会社にお
勤めの方は当特約を利用されることをおすすめします。

 

 

連絡対応期間

 

連絡対応期間:退職代行サービスRETIREの利用開始日から起算して15日間が連絡対応期間となります。ほとんどのケースでは1連絡対応期間で退職に至りますが、会社側との連絡等が長引くなどして15日経過日以降もサービス利用されたい方は追加で連絡作業料金をお支払い頂く事で連絡対応期間を延長して頂くことができます。

 

RETIRE様は連絡対応期間という制度を提供しています。

 

内容は上記の通りです。

まあ大体のケースでは退職して手続きのやりとりが完了するまで15日もかかる事はないと思います。

 

実際私が過去に退職した時も3日以内に全てやるべきことは完了しました。

 

あくまで私の経験で語ってしまいましたが、ほとんどのケースは速攻で済むと思います。

 

なのでイレギュラー的に長引いてしまって利用開始から15日以上かかる場合は追加料金がかかるというイメージを持っていただければOKです。

 

 

 

専門家(社会保険労務士)による運営

冒頭から何度か書かせていただきましたが、RETIRE様は社会保険労務士の国家資格を持った方が運営しております。

 

ですので、めっちゃややこしいケースでも法律の専門家の観点で対応してもらえます。

 

数ある退職代行サービスの中でも、自分のケースはややこしいからどこに相談すればいいんだろう。。って時はRETIREで間違いないでしょう!

 

気になるQ&A

公式HPによくあるQ&Aがありましたので抜粋します。

引用:RETIRE

 

即日退職できますか?

 

依頼者(=労働者)様のご希望により、雇用主(=会社)様に「即日退職を希望する旨」をお伝え致します。しかし、即日退職に同意するかどうかは基本的に雇用主様次第となります。法律的に言えば、期間の定めの無い雇用契約については原則2週間前に申し入れする必要があります。2週間経過以前に退職したい場合、雇用主様が同意することが前提となります。もし、雇用主様が同意せずに、退職意思を通知後会社に出勤しない場合は雇用主様から損害賠償請求をされる可能性もありますので注意が必要です。退職代行業者の中には「即日退職OK」「明日から会社へ行かなくていい」などと即日退職を勧める業者もありますが、そういったリスクがあることは認識しておくべきでしょう。ただし、有給休暇が残っている場合は有給消化という形で退職日まで出勤しなくてもよい場合もあります。詳しくは即日退職に関するページをご覧ください。

 

上司や会社から直接連絡が来ないようにできますか?
依頼者(=労働者)様のご希望により、雇用主(=会社)様に「ご依頼者への連絡はRETIREを介して行うよう」お伝え致します。しかし、ご依頼様に直接連絡しないよう強制することはできません。依頼者様に直接連絡する・しないは雇用主様の自由だからです。逆を言えば、依頼者様には雇用主様からの連絡を受ける・受けないを選択する自由があります。通常は雇用主様もいらぬ争いは避けるため、RETIREを介して連絡されることが大半ですが、稀に「退職代行業者を介して労働者と連絡はしない」と仰る雇用主様もいます。そういった場合、依頼者様も「退職代行業者を通じて連絡を行う」旨を内容証明郵便などで雇用主様に通知すれば良いかと考えます。
上司や会社の人が直接家に来ることはありますか?
上司や会社の人に会いたくないとお考えであれば、その旨をRETIREにお伝えください。そのまま、雇用主様にその旨をお伝えします。しかし、直接訪問をしないよう強制することはできません。前述の通り、依頼者様に直接連絡(=訪問)する・しないは雇用主様の自由だからです。逆を言えば、ご依頼者様には上司や会社の人と会う・会わないを選択する自由があります。
退職に関する「交渉」を代行して貰えますか?
退職代行サービスは労働者様と雇用主様の連絡を代行するサービスですので、依頼者様の代理人として雇用主様に対し退職に関する交渉は行いません。退職交渉の代行は弁護士が行うことになります。退職交渉を代行してほしいとお考えの方は労働法に詳しい弁護士に依頼されることをおすすめします。
親に連絡しないようにしてほしい。
雇用時に緊急連絡先として親を指定している場合が多くあります。雇用主様は状況確認のため、緊急連絡先に連絡されることも考えられます。ご依頼者(=労働者)様のご希望により、雇用主(=会社)様に「ご依頼者への連絡はRETIREを介して行うよう」お伝え致しますが、RETIRE以外に連絡しないよう強制することはできません。しかし、退職というシーンでは緊急連絡先に連絡する必要性は少ないため、そこまで心配する必要はないかと思います。
辞めるなら損害賠償請求すると会社に言われています。それでも退職できますか?
労働者様には「退職の自由」があり、退職することは労働者様の自由です。雇用主様から「辞めるなら損害賠償を請求する」と言われた場合、何についての損害なのかを明確に確認するべきです。労働基準法をはじめ法的には労働者様は手厚く保護されています。労働者様によほどの重責が無い場合、損害賠償請求そのものが不当となる場合が考えられます。不当な損害賠償請求の場合、退職意思を撤回させるための「脅し」である可能性が高いと考えられます。

有給休暇は消化できますか?

 

有給は労働者様の権利ですので、有給休暇を取得されている場合は有給消化を実行することができます。有給消化を行いたい場合はRETIREを通じ、その旨を雇用者様へお伝え下さい。

 

 

対応事例

公式HPに今までの事例がありましたので一部をご紹介します。

引用:RETIRE

 

大阪|退職代行サービスの事例1

退職代行サービスの事例をご紹介します。今回の事例は大阪府在住の会社員(介護職)のケースです。会社の業務がきつく、退職を申し出ることもできずに無断欠勤状態となっていた事例です。

退職代行サービスを利用した理由

依頼者様は大阪府在住の介護職の方です。働く日々に強いストレスを感じておられました。仕事を辞めたいと感じることが多くありましたが、元々控えめな性格とのことで退職意思を伝えることができずに日々を過ごしておられました。そんな日々にストレスの限界を感じ、仕事から逃れたい一心で退職意思を伝えずに仕事に出勤しなくなりました。上司からの連絡はありましたが、何を言われるかわからないという恐怖心から電話に出ずに無断欠勤を続けていました。

しかし、依頼者様が転職について調べていると、無断退職は会社側から見れば無断欠勤であり、この状態を続けると懲戒解雇となったり、離職票が貰えないというデメリットがあることを知りました。慌てて対応しようとしましたが、無断欠勤状態で上司からの連絡を無視し続けていた背景から連絡を取る勇気がなく困っておられました。

そんな中、インターネットでRETIREのサービスを知り「退職意思を代わりに伝えてもらいたい」ということで退職代行サービスを利用されました。

退職代行サービスの結果

RETIREの担当者が依頼者様の状況と希望をお聞きし、雇用主側の人事責任者に連絡を取りました。会社側からは依頼者様の無断欠勤への苦情がありましたが、最終的には「もめてもしょうがない」とのことで退職を了承されました。引継ぎのために退職日まで出勤してもらいたいとの要望がありましたが、依頼者様が体調不良により出勤できないという意思を持っていることをお伝えすると出勤せずに即日退職に同意されました。その後、会社貸与品の郵送返却と離職票などの退職書類の郵送を行い、円滑な退職が実現しました。

RETIREからのアドバイス

介護職は体力的・精神的に辛い仕事であるとよく言われます。また、給与などの待遇面も他業界と比べ良いとは言えず、3年未満の離職率が高い業界です。しかし、介護業界は慢性的な人材不足に悩まされており、雇用主側は人材の引き留めを行うべく、退職意思を伝えてもスムーズに退職できないことが多くあります。そういった時にRETIRE退職代行サービスを利用されると円滑に話を進めることができます。同じような悩みを持つ方はお気軽にご相談ください。

 


東京|退職代行サービスの事例1

退職代行サービスの事例をご紹介します。今回の事例は東京都在住の会社員(不動産業)のケースです。退職したいと会社側に伝えても認められず、その後は上司が怖くて退職話を中々切り出せないといった事例になります。

退職代行サービスを利用した理由

依頼者様は東京都在住の会社員の方です。仕事の内容は不動産の営業であり、土地を所有する地主に対しマンションなどの不動産建築を営業するものでした。成果主義で体育会系の職場であり、目標を達成できないと上司から大声で罵倒されたり、他の人にも聞こえる声で人格を否定されるような罵倒を延々と続けられることが多々ありました。

依頼者様は営業成績が芳しくなく、日々叱責される環境で精神的に参ってしまい退職を意識されるようになりました。そこで上司の方に退職を考えている旨を伝えると「無責任だ!逃げるのは許さない」と認められず、その後も職務を継続されてきました。

その後、不眠などの症状が発生し「もう会社に行きたくない」という思いが強くなり、再び退職の話をしようと考えましたが以前に強く拒否されたので、上司の方への恐怖感から言い出せない状況となっていました。

そんな中、インターネットでRETIREのサービスを知り「言いにくい退職意思を代わりに伝えてくれるのはいいな」ということで退職代行サービスを利用されました。

退職代行サービスの結果

RETIREの担当者が依頼者様の状況と希望をお聞きし、有給休暇が取れる状況でしたので退職意思を通知と同時に退職日まで有給休暇を取得する旨を雇用主側人事責任者宛てに通知しました。人事責任者から連絡があり、「退職を了承する旨」「退職に関する手続き」「貸与品の返却」についてのご案内を頂き、依頼者様へお伝えしました。その後は案内に沿って依頼者様にて手続きと貸与品返却を行って頂き、退職が完了しました。形としては即日退職ということになりました。

RETIREからのアドバイス

体育会系の営業職では今でも罵倒やパワハラなどが横行しているという話をよく聞きます。こういった環境では成果を上げれるうちはいいのですが、そうでなくなると身体的・精神的にもきつい仕事であると思われます。退職に関する話は働く側と雇う側2者間で話をしてもうまく進まないことが多いです。そういった時にRETIRE退職代行サービスを利用されると円滑に話を進めることができます。同じような悩みを持つ方はお気軽にご相談ください。


 

まとめ

 

数ある退職代行サービスの中でもRETIRE様は特に専門家の方が運営しているだけあってややこしいケースに対する対応力は抜群です。

 

あ、辞めたいって思った時に冷静に自分が置かれている状況を考えてややこしいなあって思ったらRETIRE様に相談すればそのややこしい事はすべて解決してくれること請け合いです。

 

何にでも言える事ですが、素人が色々考えるて長々時間を使ってしまうのであればプロに任せて速攻で回答をもらう方が断然いいです。

 

なにかとややこしい事が多い世の中だからこそ、利用できるものは利用して効率的に過ごした方が時間も節約できますし、精神的に楽です。

 

自分が知らない、できない事は遠慮なくできる人に頼ってしまって重荷を減らしてストレスフリーに過ごしていくのが正解だと僕は思います!

 




コメント