【三井住友ユーザー必見】三井住友銀行でATM手数料等を無料にする5つの方法

お金に関する話題

ATMの手数料って回数を重ねると結構馬鹿にならない金額になっていくよね。

 

普段何気なくATMを使いまくっていますが、最近ふと冷静に考えると無料の時間帯や曜日以外での利用で一回100円位と考えても毎週一回利用したと考えたら毎月500円位消えていっていると考えたらまあまあいい出費ですよね。

 

更に年間で考えると苦笑いがでる金額になっている事になります。

 

よくよく思い返してみると僕の場合、調子がいい(?)時は週3位でATMを使っている事もあります。

これは早急に何とかしなければいかん(必死)!

 

普通に考えれば手数料が無料の時間帯を利用しろよってなるんですが、中々その時間帯に行けない事はよくあると思います。

なので今回はそこらへんはひとまず置いておきます。

 

 

時間外手数料ってどう考えてももったいないです。

そういうしょうもない出費を何とか減らしたい!って誰もが思うはずです。

 

僕は普段よく三井住友銀行のカードを利用します。

ですので本記事では三井住友銀行での手数料を無料にする方法を紹介していきます!

 

他の銀行のATM手数料無料の記事はこちらから↓

 

【三菱UFJユーザー必見!】三菱UFJ銀行でATM手数料を無料にするお得な方法!

 

【りそなユーザー必見!】りそな銀行でATM手数料を無料にするお得な方法!

 

三井住友銀行で手数料を無料にするにはどうしたらいい?

 

 

前提条件としてSMBCポイントパックでの契約口座(残高別金利型普通預金口座)での取引に限られます。

その口座を持っている人で三井住友銀行が提示している5つの条件の内いずれかひとつを満たすことで手数料無料のサービスを受ける事ができるという仕組みです。

 

なのでSMBCポイントパックを利用されていない方はまずこれに加入する事から始める必要があります。

 

そもそもSMBCポイントパックって何っていう方もいると思いますのでまずそこから紹介していきます。

 




 

SMBCポイントパックの特典と口座の作り方

 

 

SMBCポイントパックとは口座(残高別金利型普通預金口座)をご契約の人にポイント付与や手数料の割引を提供するサービスの事です。

 

2018年4月1日(日)よりSMBC新ポイントはじまる! 三井住友銀行で新ポイントをためよう!

画像参照:http://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/point-pack/

 

SMBCポイントパックで得られる特典を下記にまとめました。

 

特典①・・・本支店ATMの時間外手数料が無料

 

三井住友銀行の本支店のATM時間外手数料『108円(税込み)/回』が条件付きで無料になります。

 

特典②・・・コンビニ等のATM時間外手数料が無料・ATM利用手数料が【3回まで】無料

 

コンビニのATM(イーネットATMやローソンATM、セブン銀行ATM等)のATM時間外手数料『108円(税込み)/回』やATM利用手数料『108円(税込み)/回』【月3回まで】条件付きで無料になります。

 

特典③・・・SMBCダイレクトでの本支店宛の振込手数料が無料

 

SMBCダイレクトの三井住友銀行本支店への振込手数料が条件付きで無料になります

 

特典④・・・各種取引でSMBCポイントパックのSMBCポイントが貯めれる・使える

 

各種取引でSMBCポイントが貯まって、三井住友カード㈱のワールドプレゼントのポイントに交換できます。

 

ポイントの詳しい情報は以下からどうぞ
SMBCポイントパック 貯め方・使い方 : 三井住友銀行
SMBCポイントパックのポイント制に関するくわしい情報を記載しています。

 

特典⑤・・・PCやスマホで取引明細が確認できるWEB通帳が利用できる

 

WEB通帳では、PCやスマホから最大25か月分の取引明細を確認することができます。

 

ちなみにWEB通帳はWEB通帳か紙の通帳かを選ぶことができます。

 


口座の開設方法について

 

口座を開設する方法は2通りあります。

 

  • 新たにSMBCポイントパックと合わせて口座を開設する。
  • 既存の口座でインターネットバンキング(SMBCダイレクト)に加入し、ネットか電話で加入の申し込みをする。

 

口座開設は以下からどうぞ

口座開設 : 三井住友銀行
三井住友銀行なら、ホームページやスマホアプリから、いつでも口座開設できます。三井住友銀行のATMなら手数料0円でお引出可能です。また、インターネットバンキング「SMBCダイレクト」を利用すれば、スマホやパソコンでいつでも残高照会や振込ができます。さらに、「SMBCデビット」を利用すると、口座からの即時払いでお買い物でき...

 

SMBCダイレクトの申し込みは以下からどうぞ

インターネットバンキング(SMBCダイレクト) : 三井住友銀行
かんたん・便利・おトクな、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」。パソコンやスマートフォンから、残高照会や振込、住所変更のお手続等さまざまなサービスをご利用いただけます。

 

これで前提条件は満たせますので、事項ではいよいよ手数料を無料にする方法を紹介していきます!

手数料を無料にできる5つの方法

 

 

本項では手数料を無料にすることができる5つの方法(条件)を紹介します。

 

この5つの内いずれか一つでも満たせばATM手数料やATM時間外手数料、振込手数料が無料になります。

 

ただし、適用されるのは条件達成の『翌々月』になりますのでそこだけ注意してください。

 

また、満15歳~満24歳の方は取引条件に関わらず手数料が無料です。

 

各種手数料無料の条件(いずれかひとつを満たすと無料に!):1.給与受取または年金の受取※1 2.クレジットカードのご利用代金の引き落とし※2(クレジットカード会社は三井住友カードまたはセディナに限ります。)3.30万円以上のお預かり資産残高※3(円預金・外貨預金・投資信託等)4.Web通帳のご契約5.SMBCデビットのご契約

画像参照:http://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/point-pack/

 

三井住友銀行キャッシュカードご利用時のATM時間外手数料・ATM利用手数料

画像参照:http://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/point-pack/

 

方法①・・・給与受取または年金受取

 

【当月】に給与受取または年金受取の実績がある事です。

 

具体的には通帳に『給与』または『年金』と表示されている明細が対象です。

 

ただし、事業で使用している口座は対象外になります。

 

方法②・・・クレジットカード利用代金の引き落とし

 

【当月】の所定日に本人のSMBCポイントパックの契約口座(残高別金利型普通預金口座)から以下のクレジットカード会社のクレジットカードご利用代金の引落しがあることが条件です。

 

  • 三井住友カード
  • セディナ

 

※法人カードや一部提携カードは対象外となります。

 

方法③・・・残高の合計が30万円以上である事

 

【当月末】の預かり資産(円預金・外貨預金・投資信託等)の合計金額が30万円以上である事が条件です。

 

ただし、預かり資産で個人年金保険、一時払い終身保険、証券仲介に関する取引は対象にならないのでご注意ください。

 

方法④・・・WEB通帳の契約がある事

 

【当月末】にWEB通帳の契約がある事が条件です。

 

方法⑤・・・SMBCデビットの契約がある事

 

【当月末】にSMBCデビットの契約がある事が条件です。

 

以上が条件となります。

基本的に何も難しいことはなく自分に合うものを5つの中から選ぶだけでOKです。

まとめ

色々と条件はあるものの、手数料を無料にできるというのはかなりデカいです。

 

この手数料の無料化の流れは現在進行形で進化・拡大していっていますので時々は自分の主要銀行が発表する情報は押さえておくといいと思います。

 

こういうサービス以外でも自分が知らない事で自分の知らない間に損してしまっているってケースは結構あると思います。

 

ネットワーク社会が進んでいる中で既存のサービスがそれに連動していくというのは避けては通れない道ですのでそういった意味でも常に情報のアンテナは貼っておきたいですね!

 




コメント