【AIコンビニ】店員がいない新時代のコンビニ”Amazon Go”とは!?

コラム/その他

店員がいないコンビニって一体どういう事なんだ!?

 

Amazon Goは店員がいないどころか現金での支払いもない新しいコンビニなんだって!

 

2018年1月22日にアメリカのシアトルに【Amazon Go】が満を持してオープンしました!

店外

画像:Amazon.com

 

【Amazon Go】とはAmazonが展開するキャッシュレスのコンビニで店員もいなければ店員もいない最先端のコンビニの事です。

 

近年の支払の電子決済化はどんどん進んでいるのは肌で感じている所ではあります。

日本自体もいまだ現金思考ですが、僕も現金派ですのでキャッシュレスというのは遠い存在です。

 

最近ではクレジットカード決済、電子決済に続いて仮想通貨での決済が話題になりましたよね。

 

そんな時代遅れの僕を置いていきまくって世界のキャッシュレス化の流れはとんでもない速度で進んでいます。

 

その最先端といえるのが【Amazon Go】です。

なんかポケモンGoみたいな名前ですが一切関係ありません笑

 

現金での支払いがなく、レジもなければ店員もいないこの近未来のコンビニは一体なんなのか?既存のコンビニとはどんな違いがあるのか?

 

本記事ではそんな色々な気になる疑問を紹介していきます!

 

Amazon Goって普通のコンビニとどう違うの?

店内

画像:Amazon.com

 

Amazon Goが既存のコンビニとどう違うかというとはっきり言ってほぼ全部違うといっても差し支えありません。

 

ゲートでQRコードをかざして入店する

 

まず入店からして既存のコンビニとは異なっています。

 

入口にQRコードを読み取るゲートがありますのでそこに専用のアプリをダウンロードしたスマホを飾りして入店するシステムです。

 

スマホ上に手に取った商品の情報が表示される
店内にはショッピングバックもありますが、別に使わなくても大丈夫です。
それどころか極端な話ですが、ポケットに入れてそのまま店を出ても大丈夫という事です。

 

帰る時にはゲートがないので店で商品をパクッて出ていく感覚なのでしょうか笑

 

また、スマホ上で商品情報が表示される仕様なので買ってないのに情報が表示されてる!みたいに情報が間違っていたりした場合はスマホ上で修正できるようになっています。

 

レジで精算を待つ必要がない
店員がいないどころかレジすらないので精算を待つ必要が皆無です。

 

日本だと夕方なんかだと買い物にきた人達でレジが渋滞してめっちゃ待つ羽目になった。何てことは誰もが経験しているはずです。

 

ですが【Amazon Go】ではそれは全くありません。

 

レジで待つというはっきり言って無駄な時間を完全になくせるというのは時間に追われる僕たち現代人にとって圧倒的なメリットですね!

 




 

支払いの方法はどうするの?

 

画像:itunes apple.com

 

専用のアプリが必要!

支払いは専用のアプリで行います。

ですが、じゃあどの段階で決済されるの?って疑問があると思いますのでそのあたりをご説明します。

 

専用のアプリをダウンロードした端末に上の画像のように買った商品がアプリ上に表示されるようになっています。

 

こんな感じで買い物をして店を出た後におよそ10分後に上のような画面が出てきますので問題なければそのまましばらくすれば自動的に決済されます。

 

ちなみにアプリは以下からダウンロードできます↓

 

iosの人はこちらから↓

https://itunes.apple.com/us/app/amazon-go/id1183036929

 

androidの人はこちらから↓

Amazon Go - Apps on Google Play
Get the Amazon Go app to shop at Amazon Go, a new kind of store featuring Just Walk Out Shopping. No lines, no checkout—just grab and go! How it Works: • Downl...

 

Amazonストアからはこちら↓

 

最先端の技術で店内を管理!

冒頭の方で紹介しました入店の際のQRゲートを始め、【Amazon Go】では店内を管理するために最先端の技術をふんだんに使用しています。

 

大量のカメラとセンサー

 

店内の天井には大量のカメラやセンサーが設置されています。

 

ンサーは赤外線や重量センサー等多くの種類が利用されており商品の状態の管理に利用されています。

 

入店時にはQRコードとこれらを合わせて来店者を認識しているほかセキュリティ面にも利用されています。

 

ですが目的はそれだけでなく、来店者の行動データを徹底的に把握することにも活躍しています。

 

マイクによる音声認識技術

 

店内にはマイクも大量に設置されています。

 

近年注目されている音声認識技術を採用しているとの事です。

 

Amazonの商品ではAmazon Echoが記憶に新しいですね!

 

カメラやセンサーと合わせて音声による認識で店内の物や人の情報を把握しています。

 

もう情報管理が徹底的すぎて笑っちゃう位すごいですね!

 

まとめ

 

このAmazon Goは現在アメリカのシアトルの1店舗しかありません。(2019年1月27日時点)

 

また、今後店舗を世界に出店するのか等の情報は残念ながら出ていません。

 

個人的には運営コストが赤字で採算とれてるの?って思っていて本格的に展開されるとしたらまだまだ先だと考えてます。

 

そう思っていましたが、Amazonだけでなく日本でも無人店舗のファミリーマートやJRも店舗開発を行っているというニュースがありました。

思っているよりそう遠くない未来に無人店舗が現れるんじゃないかとひそかに期待しています!

 




コメント